六文字屋半兵衛金箔打ち和紙

京都・西陣の六文字屋半兵衛の最高級あぶらとり紙やさん。創業300有余年の歴史を誇り、これまでは一般販売はなく、六文字屋半兵衛の帯を買われた方にのみ差し上げていたもの。すべて実際に金に触れ、槌で叩かれて繊維をほぐした打ち和紙で、金糸や金箔の加工過程に使用されていたものです。皮脂を取り過ぎないので適度な油分をキープしつつ美肌に導きます。

↓六文字屋半兵衛金箔打ち和紙 公式サイトはこちら!
最高級あぶらとり紙!六文字屋半兵衛の金箔打ち和紙。正真正銘の本物です!

おすすめ

  • 300年の歴史をもつ
  • 余分な皮脂を取り過ぎない
  • 金箔に触れていた打ち和紙

↑ ページの先頭に戻る